「 New Balance(ニューバランス) 」一覧

1906年に、当時33歳でイギリス移民のウィリアム・J・ライリーによって、アーチサポートインソールの製造メーカーとして開業する。ライリーがこの時に開発したインソールは、ニワトリの足の爪にヒントを得たものであった。その後、これらの技術を基に矯正靴の製造を開始。1930年代には、カスタムメイドのランニングシューズの製造を開始した。1960年には、ウィズ(足囲)でもサイズ選択が可能な「ウィズサイジング」を世界で初めて採用したシューズを発売。以降この「ウィズサイジング」はニューバランスシューズのサイズ選択の基本となっている。1972年にジェームス・S・デービスが買収し、現在のニューバランス社の体制を築いた。 同業他社が中国やベトナム等に製造拠点を置いて外部委託を主とする中、アメリカやヨーロッパを製造の中心拠点として展開し続けている(例えばヨーロッパ市場でのニューバランス製品は、およそ3割がイングランドの工場で生産されている)。そのため、商品が高価となる傾向がある(ただし、アジアにも製造拠点を持っており、安価なモデルも少なくない)。 Nの文字をあしらったデザインが特徴的であり、中でもスニーカーの「1300」は人気が高く、ラルフ・ローレンが「雲の上を歩いているようだ」と絶賛したことでも有名である。 「世界トップ3のグローバルなアスレチックブランド」を目指してカテゴリを拡大しており、2015年には傘下のスポーツ用品メーカー・ウォーリア・スポーツ(英語版)の手がけていたサッカー用品市場に参入。ウォーリアがサプライヤーとなっていたリヴァプールFC(イングランドの旗 イングランド/プレミアリーグ)・セビージャFC(スペインの旗 スペイン/リーガ・エスパニョーラ)・サガン鳥栖(日本の旗 日本/J1)をはじめ、ストーク・シティFC(イングランドの旗 イングランド/プレミアリーグ)・FCポルト(ポルトガルの旗 ポルトガル/プリメイラ・リーガ)・モンテディオ山形(日本の旗 日本/J1)などとサプライヤー契約を行った。

ストリート系ファッションメンズにおすすめのハイテクスニーカー20選

ストリート系ファッションメンズにおすすめのハイテクスニーカー20選

ファッションメンズにおすすめのハイテクスニーカー20選 ストリートファッションからスポーツテイスト、アメカジといった幅...

記事を読む

2万円台で買える!彼氏の誕生日プレゼントにおすすめのニューバランス人気スニーカー10選

2万円台で買える!彼氏の誕生日プレゼントにおすすめのニューバランス人気スニーカー10選

大切な彼氏への誕生日プレゼントには、おしゃれで流行りのニューバランス人気スニーカーをプレゼントしましょう! ハイセンスなプレゼント...

記事を読む